特別養護老人ホーム とは

スポンサード リンク

特別養護老人ホームについて

特別養護老人ホーム,費用,料金,低料金,軽費

特別養護老人ホームとは、いったいどのような老人ホームを指すのでしょうか?

このサイトでは、老人ホームのなかでもそんな特別養護老人ホームと

呼ばれる施設についてのほか、低料金・軽費老人ホームやケアハウス、

老人ホームの費用や種類などの基本的知識、

高級老人ホームや養護老人ホームなどさまざまな種類の

施設についてなどの情報を詳しくご説明しています。

特別養護老人ホームについて、またその他の老人ホームに関する情報を

ぜひご参考にされてください。

 

まず、特別養護老人ホームとは、いったいどのような老人ホームなのでしょうか。

介護保険法という法律に基づいて、全国の知事の許可・認可を受けた後に

開設される老人ホームのことを指します。

通称『特養(とくよう)』と呼ばれたりします。

 

入居するには条件があり、年齢は65歳以上であること、

そして身体または精神上に著しい障害があるためにつねに

第三者の介護を必要とする寝たきりの状態にあるような人が対象となります。

(今現在状態が安定している人に限る。)

 

65歳以上というのは基準で認知症や脳の疾患など老化を伴う病気を

お持ちの方の場合は40歳以上でも入居が認められる場合があります。

様々な条件があるため介護認定審査会というところで審査が必要になります。

その審査において入居できない場合でも、ショートステイや

デイサービスなどのサービスはご利用いただける場合があります。

一般的な介護付の有料老人ホームと同様に常にスタッフが常駐していて

そのようなスタッフのもと居宅で適切な介護を受けることができるのが

特別養護老人ホームという施設になります。

 

また基本的な生活のお世話をしたり介護サービスを受けることができます。

解り易くご説明すると要介護1以上で医療ケアを必要としない

状態が安定している方が入居の対象となります。

現在では個室でゆったりと利用できる特別養護老人ホームが増加していて

他の入居者の方を気にせず家族も安心して高齢者を預けることができるように

なっています。

 

特別養護老人ホームの定員数は多く設定されてはいますが、

入居を待っている方は全国的にもかなり沢山いらっしゃるので、

入居を長く待たされることもあります。


スポンサード リンク